第2回 全国小中学校 夢さがし作文大賞

過去の受賞作品

2018年
第2回入賞作品

佳作

僕の母ちゃん平野 俊介さん(宇都宮市立戸祭小学校4年)

尊敬する人と言われて、お父さんお母さんと書く人は多いと思いますが、僕もその中の一人で、僕も、お母さん、母ちゃんです。

僕の母ちゃんは、そんじょそこらの母ちゃんと違って、パワフルで頼もしいスーパー母ちゃんです。何でも一番にこだわり、こうと決めたらそれを絶対にやる男気のある母ちゃんです。

でも、母ちゃんが怒ると、半端なく恐ろしく、にらまれると金縛りになったように、一瞬で体が凍りつきます。口癖は、

「あんだって!」

「私にケンカ売ってんの!」

「このバカチンが!」
です。この三つは、必ず毎日出る言葉で、知らない人が家に来たら、びっくりされると思います。無論、お父さんは母ちゃんの手下みたいなもので、平野家のボスは、もちろん、母ちゃんです。

そんな母ちゃんでも、小学生だった頃、いじめられていたそうです。小学生になるとともに、となりの町に引越してきて、誰も知らない小学校で、周りは幼稚園保育園が同じで、友達の和ができている中、一人ポツンといたそうです。誰とも話すことができない中、クラスの男の子からいじめられて、石とか青い柿を足に投げられたり、ひどいことを言われたそうです。でもそこは、母ちゃん、泣いていた訳ではなく、学年ごとにあった学校の相撲大会で、横綱になったり、その男の子達には負けたくないと思って、テスト、給食のおかわり、マラソン大会、勝てるよう、頑張ったそうです。そうしているうちに、いじめがなくなり、母ちゃんには、何もしなくなったそうです。

母ちゃんは、努力の人です。全力でやる人です。そのコツコツとやってきた自信が、今のパワフル母ちゃんになったのです。

戻る