第2回 全国小中学校 夢さがし作文大賞

過去の受賞作品

2018年
第2回入賞作品

佳作

夢を叶える力森 心穏さん(柏市立柏第五小学校6年)

周囲の大人達の中で、子供の頃からの夢の職業に就けた人はどのくらいいるのでしょうか。誰もが夢を叶えられるわけではなく、希望の職業に就けた人は案外少ないのではないかと思います。私のおばさんは、子供の頃からの夢の職業に就けた数少ない大人の中の一人で、私の尊敬する人です。

おばさんは、子供の頃から動物が好きで小学校ではもちろん生き物係だし、家でも犬やウサギ・ニワトリ・金魚などいろいろな生き物を飼っていたそうです。迷い犬や猫がいれば保護し、ポスターを作って街に貼り飼い主を探したりしていたとも聞きました。そんな無類の動物好きのおばさんは、高校卒業後にトリマーの専門学校に進学し、その後はペットショップで働きました。現在はトリミングサロンを開いて、たくさんの犬や猫、その飼い主さんの信頼を得ています。

子供の頃からの夢の職業に就くことができた人は、夢に向かってぶれずに小さな努力を積み重ねてきたのではないかと思います。

私はデザイナーという夢を持っています。小さい頃から絵を描くことが好きで、毎日のように描いていました。今でも絵や図工が大好きです。まだばく然とした夢ですが、お年寄りや障害がある人が便利に使えるような道具を設計・デザインするような仕事に就きたいと思っています。私の設計したユニバーサルデザインの商品で足腰の弱っている祖母の生活が少しでも楽になったらうれしいことだと思います。

だから私は、おばさんのように努力して一歩一歩夢に近づきたいです。そのためには、目の前の課題に真剣に取り組み、残り少ない小学校生活を充実したものにしたいと思います。さらに中学、その先の高校・大学でも小さな努力を積み重ね、夢を叶える力を手に入れることができたらと思っています。

戻る