第2回 全国小中学校 夢さがし作文大賞

過去の受賞作品

2017年
第1回入賞作品

佳作

前進!甲斐 耀さん(宮崎市立檍中学校3年)

「ダメだと思うのも自分、
 やるぞと思うのも自分。」
何かとダメだと思っていた私を、先生や仲間たちに後押しされ、中学校では学級委員長やサッカー部の副キャプテンを引き受け、やるぞというスイッチに切り換わった。このスイッチの切り換わりが一歩目。人前に立つ機会を沢山いただいた。嫌いじゃない、そして、人に説明する、教える事も好き。

「教師」これが私の夢。小学六年生の時の担任の先生のような教師になる。子供以上に子供で、昼休みも真剣に遊び負けず嫌い。ただ面白い先生というのではなく、話もきちんと聞いて、答えではなく、ヒントや選択肢を色々与えてくれた先生。卒業後も何度か会いに行っている。先生と同じ小学校で働くことができるように、さあ次の一歩。

しかし、近道もなく、厳しい道のりだと思う。学ぶ立場に教える立場が加わり、大きな責任も加わる。押し潰されないように、自分自身をしっかり見つめ直し、悪いところは認め反省し、長所は伸ばす努力をして、学力向上はもちろん、臨機応変に対応できるように視野を広げ、心身ともに強い自分にしなければならない。

チャンスは時には待つのではなく自分から掴みに行く。

夢は抱くだけでは夢じゃない、達成するために努力し始めてからが夢だ。

八年後に笑顔で教壇に立っている自分に会うために、まずは高校受験、小さな一歩を積み重ね、未来に向かって、さあ前進。
「やるぞ!」

戻る