第2回 全国小中学校 夢さがし作文大賞

過去の受賞作品

2017年
第1回入賞作品

優秀賞

わたしの夢高野 亜美さん(福岡市立大原小学校4年)

わたしの夢は、弟の病気をなおすことです。わたしの弟は、耳が悪く、しゃべれなくて、あまり運動ができません。わたしは、その弟が生まれて来た時、すごくうれしかったです。でも、後から、何かおかしいと聞いて、ふしぎに思い、びっくりしました。そこで、福大病院で、けんさをしました。すると、ちてきしょう害ということが分かりました。わたしは、すごく心配で、どうしようとこまっていました。でも、わたしは、決心して
「この弟でいい、かわいいんだから」。
と思いました。わたしの弟は、今5才で、中身は、1才7ヵ月です。前も、大きな頭のしゅじゅつとのどのしゅじゅつをしました。その時わたしは、おばあちゃんにあずかっていてもらいました。おばあちゃんは、家のことを分かっていないので、わたしに聞いてきます。わたしは、その時ようち園のころでした。なので、すごく、悲しくて、さみしかったので、
「ママは、いつ帰ってくるの~」。
と泣いていました。でも、たいいんしてから、弟の病気をなおしてあげたいな~と思い始めました。弟の病気は、どうやってなおすのかも分かりません。だけど、すきだから、なおしてあげたいんです。わたしの弟は、わたしからしたら、自まんのかわいい弟です。なので、しょう害の人を見て、わらったり、おかしな顔で見てほしくありません。わたしも、しょう害の人を見てたまに、こわい時がありますでも、わたしは、いつも、おうえんしています。

戻る